茨城県常総市災害支援ボランティアワゴン参加者募集!

Share on Facebook

 

今回の台風18号による大雨被害による現地への復興支援活動として、茨城県常総市内の家屋等に残る泥等の撤去作業や清掃等を行うボランティアを募集します。
現地への災害ボランティアセンターまでの移動手段として、ボランティア送迎を下記のとおり運行しますので、多くの方々のご参加をお願いいたします。

1 運行日程
平成27年10月17日(土) ※参加費は無料です。

2 集合場所・時間
高崎市総合福祉センター駐車場(住所:高崎市末広町115番地1)
集合時間:午前5時50分(出発は午前6時00分)
帰着時間:午後7時00分(予定)

3 活動場所・内容等
場所:常総市災害ボランティアセンター
※実際の活動場所は、常総市内の派遣要請があった場所になります。
内容:被災家屋のがれき除去、壊れた家財の撤去、泥のかき出しや清掃、
側溝整備(泥だし)、土砂の土嚢詰めなど
※実際の活動内容は、現地の状況に合わせての活動となります。
4 持ち物・装備等
昼食、水、作業着(長袖・長ズボンなど動きやすく、汚れてもいいもの)、着替え、
合羽、長靴(安全靴)、ゴム手袋、軍手、マスク、タオル、保険証のコピー、
身分証明書(運転免許証など)、同意書(未成年の場合)
※釘の踏み抜きなどの危険も有り安全靴や鉄板入り長靴、インソールの用意が望ましいです。
※現地ですぐに作業に取り掛かれるよう、作業のできる格好でお越しください。

5 昼食について
昼食については、各自持参をお願いいたします。

6 保険等
現在の居住地の社会福祉協議会にて「ボランティア活動保険(天災Aタイプ(430円)、または天災Bタイプ(650円)」に加入しご参加願います。なお、既に基本タイプにご加入済みの方についても新たに天災タイプに加入していただきます。
※被災地でのボランティア活動中の万が一の事故に対しての補償保険費用です。
7 募集条件
高崎市在住、在勤、在学の原則18歳以上の方(未成年の場合は、保護者の同意書が必要です)

8 募集定員
15名 ※申込み先着順、定員になり次第締め切りさせていただきます。
※現地での機動性を考慮しワゴン車での運行としています。

9 主催
高崎市社会福祉協議会(高崎市ボランティアセンター)
10 申込み
下記必要事項を明記のうえ、メールまたはFAXにてお申し込みください。
※別紙専用申込用紙をご使用ください。
(1)氏名
(2)性別
(3)生年月日(西暦)
(4)住所
(5)携帯電話番号
(6)メールアドレス(携帯またはPC)

■申込先 高崎市社会福祉協議会
メール  volunteer-center@takasaki-shakyo.or.jp
FAX  027-370-8856
■申し込み期限
平成27年10月14日(水)15:00まで
※定員になり次第締め切ります。
【申し込みにあたっての諸注意!!】
・天候不順や当日現地の状況により活動が中止となる場合がありますので、あらかじめご了承のうえ、ご参加ください
・体調がすぐれない場合は、無理をせず参加を控えてください。
11 問い合わせ等
社会福祉法人高崎市社会福祉協議会(高崎市ボランティアセンター)
〒370-0065 高崎市末広町115番地1 高崎市総合福祉センター3階
TEL:027-370-8855  FAX:027-370-8856
(当日緊急連絡先:080-9823-0481または080-9823-0467)

~ 参加にあたって ~
●留意点
○服装は、暑くても長袖、長ズボンを着用し、肌の露出をなるべく少なくしてください。また、作業状況により多量の汗をかく場合もありますので、着替え等につきましても複数ご用意ください。
○実際の活動内容は、活動の直前までわかりません。現地のニーズによって活動内容が変わり、現地のスタッフも十分な対応が出来ない可能性もあります。
各人が自立したボランティアとして、責任ある行動をお願いします。
○被災者のプライバシー保護のため、現地での写真撮影はご遠慮ください。
○持ち物には名前を書くなどして、判別できるようにしておいてください。
○ケガや紛失などの責任は、高崎市社会福祉協議会では負いかねます。
○体調を崩さないよう、十分な睡眠と栄養をとり、活動に備えて下さい。
○現地では、決して無理をせず、自分にできる範囲の活動を行って下さい。塩分と休憩をこまめに取り、体を休めることが重要です。
○釘やガラスが落ちていることも想定されます。長袖、長ズボン、長靴、手袋は必須です。けがには十分注意しましょう。
○ボランティアは、自己完結が原則です。必要と思われる物は持参しましょう。
○現地では、支援物資の受入れは行っていません。
○参加につきましては、ご家族のご理解のうえ自己責任でお願いします。

●雨天の場合について
○被災地では、雨天時のボランティア作業は実施されません。
○また、現場に到着した時点で作業が不可能と判断した場合は、現地の状況視察等を行った後、帰路につくことになります。なお、作業中でも雨が降り出した場合は、活動が中止となります。
○前日までに受け入れ先で中止の判断が行われた場合には、10月16日(金)午後6時までに、メールまたは電話にて中止の連絡をいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です