本文へスキップ
高崎市社会福祉協議会 トップページ 社協とは 事業一覧 広報「社協たかさき」 アクセス・連絡先
サービスメニュー
高齢者に関するサービス
子どもに関するサービス
障害者に関するサービス
福祉の貸付
福祉の仕事をしたい人
結婚を望む人
ボランティア活動
トップ > 障害者に関するサービス > 日常生活自立支援事業
日常生活自立支援事業
  • 事業案内
  • 利用手続
  • 援助の内容
  • 利用料金・お願い
  • 事業の流れ
  • お問い合わせ
事業のご案内
 この事業は、高齢者や障害者の方々が、住みなれた地域で安心して自立した生活が送れるように、福祉サービスの利用などに関わる相談やお手伝い(援助)をし、その生活を支援する事業です。
●相談の具体的な例
・ お金の出し入れなど、日常的な金銭の管理に不安がある。
・ 自分の知らないうちに預貯金が引き出されたり、年金が勝手に使われている。
・ 通帳や印鑑の保管に不安がある。
・ ひとり暮らしの生活や将来に不安がある。
・ 福祉サービスの利用手続きや介護保険の申請の援助等をしてほしい。
●対象となる方
 認知症の高齢者、知的障害者、精神障害者等で判断能力が十分でないため、日常生活での福祉サービスの利用や、金銭管理等がうまくできない方々が対象になります。
●お手伝いする人
 社会福祉協議会は、地域福祉を推進する公共性の高い団体です。ご相談からサービスの提供にいたるまで、社会福祉協議会の「専門員」、「生活支援員」が責任をもってご援助いたします。また、援助の内容に不満がありましたら、いつでも申し出ることができます。
・専門員の仕事  お悩みごとの相談を受けて、ご本人の意向をもとに適切な支援計画を作成し、ご契約を交わし、常に利用者との意思疎通をはかり支援をいたします。
・生活支援員の仕事  契約の内容にそって定期的に利用者のところにお伺いし、福祉サービスの利用手続きのお手伝いや、預貯金の出し入れなどを代行いたします。
※秘密は厳守しますので、お気軽に社会福祉協議会にご相談ください。
このページのトップへ
利用手続について
    まず、社会福祉協議会にご連絡ください。
ご本人以外でも、ご家族など身近な方、行政の窓口、民生委員などを通じてのお問い合わせにも対応します。
担当者がお伺いします。
 専門的な知識を持った担当職員がご自宅等を訪問し、親身になって相談にのります。ご相談にあたってはプライバシーに配慮し、秘密は必ず守ります。お気軽にご相談ください。
お困りのことを一緒に考え、支援計画をつくります。
どのようなお手伝いをしたら良いかなど、ご希望をお聞きして、その後で契約内容と支援のしかたをご提案します。
ご利用は契約を結んでからサービスが開始されます。
ご納得いただければ、利用者と社会福祉協議会とが契約を結び、支援計画にそって生活支援員がお手伝い(有料)を行います。
福祉サービス利用援助契約とは
その方の希望や状況に応じた具体的な支援内容である「支援計画」や預けたい書類等の一覧の「預かり書」を作成し、その内容に合意されれば、原則として利用を希望する方と高崎市社会福祉協議会と群馬県社会福祉協議会との三者による「福祉サービス利用援助契約」を結びます。
契約締結審査会
安心してご利用いただくために、対象者として該当するかどうか、必要に応じて、弁護士・社会福祉士などの専門家が審査を行う「契約締結審査会」を設置しています。
このページのトップへ
援助の内容について
生活支援サービス
福祉サービスが安心してご利用できるようにお手伝いします。
 保健・医療・福祉サービスについての制度・内容に関する情報提供や専門家の紹介・ 助言、サービス申込み手続きの代行・同行・契約締結、福祉サービス実施状況の確認、 安否のための見守り等を行います。
金銭管理サービス
毎日の暮らしに欠かせないお金の出し入れをお手伝いします。
 利用者本人に代わって、一定額の預貯金の出し入れ、公共料金・家賃の支払い、福祉サービス等の利用料の支払い、年金手当等の受領確認を行います。
書類等預かりサービス
大切なハンコや書類などを安全な場所でお預かりします。
 本人の意思に基づいて契約を行い、預貯金通帳、証書(年金証書、保険証書、不動産 権利証書、契約書等)実印、銀行印、その他実施主体が適当と認めた書類等を安全に保管します。
お預かりできないもの
宝石、書画、骨董品、貴金属類など
このページのトップへ
利用料金について
ご相談は無料です。
 ご相談や支援計画契約書の作成にかかる費用は全て無料です。
生活支援員がお手伝いするときに、利用料がかかります。
 利用料金は1時間当たり1,000円です。生活保護を受けている世帯は無料です。
利用を希望される方やご家族、関係者の皆様にお願い
 この事業を利用していただくために次のことが大切になりますので、特にご家族や関係者の皆様のご理解をいただきご協力をお願いします。
ご本人の意思が確認できること
 この事業は、福祉サービスを利用する際の手続きや申請、日常的な金銭管理等利用者の権利に深く関わった援助をするため、あくまでもご本人(利用者)の意思が確認できることが利用の前提となります。関係者や本人以外の人がよかれと思っても、ご本人の意思確認がされないで行うことはできません。
契約行為が理解できること
 この事業における契約行為とは、ご本人(利用者)と社会福祉協議会の間で福祉サービス利用援助契約を締結することをいいます。家族や代理の方との契約は結ぶことはできません。(但し、成年後見人等と契約を結ぶことは可能です。)
 つまり、利用者はこの契約内容をある程度理解されていなければ、契約行為は成立しないということになります。一方通行の契約は利用者に不利益を生じさせることにもつながりかねません。契約は双方が対等の立場であることに重要な意味があると同時に、ご本人の意思を最大限に尊重していくことが大切と考えております。
このページのトップへ
事業(サービス)のしくみ・流れ
本人
判断能力が十分でない方
福祉サービスの利用・金銭管理等ができない状態にある方
 (1)本人、家族、民生委員、介護支援専門員や関係者などが相談
社会福祉協議会
 (2)専門員が相談、確認、契約申込受付
基幹社会福祉協議会(高崎市社会福祉協議会)
相談調査を行います。
  ・生活状況等の把握
支援の仕方を考えます。
  ・利用者や家族の意思を確認しながら進めます。
  ・家族との調整
  ・契約内容の確認
契約を結びます
 (3)契約(支援計画)によるサービス開始
生活支援員
 (4)サービス提供
本人
 (5)利用料の支払い
基幹社会福祉協議会(高崎市社会福祉協議会)
 困難なケース     助言、バックアップ
群馬県社会福祉協議会 契約締結審査会
利用者の判断能力に疑義が生じた場合に、専門的な見地から判断能力の有無の評価を行うとともに、援助内容の審査を行います。
 運営監視、助言勧告     報告等
群馬県福祉サービス運営適正化委員会(運営監視部会)
日常生活自立支援事業が適正に運営されるように監視を行い、助言勧告を行います。
このページのトップへ
お問い合わせ
 日常生活自立支援事業について、詳しいことを知りたいとき、利用申込みをしたいときなどは、高崎市社会福祉協議会にお気軽に相談してください。
住所 〒370−0065
高崎市末広町115−1
電話 027−370−8850
FAX 027−370−8856
Eメール takasaki-shakyo@bd.wakwak.com

このページのトップへ