本文へスキップ

財 源

社会福祉協議会は民間団体ですが、公的責任を負って地域福祉を推進する団体という側面も併せてもっていることから、その財源は、県、市からの補助金や委託金、指定管理事業収入、市民の皆さんからの会費や寄付金、また、介護保険事業者としての介護報酬などにより賄われています。

一方、寄付金の使い途としては、寄せられた方々の意思を尊重し、広く福祉事業全般に活用すると共に高齢者、障害者、児童福祉などへの指定寄付として活動を支援をしています。

また、会費については、ふれあい・いきいきサロン、子育てサロンや地区社会福祉協議会等への活動を支援するための助成金などとして広く社協事業全般に運用しています。

なお、職員の人件費については、公的補助金及び介護報酬等で賄うことを原則としています。